ようこそ春秋航空ネット ログイン 新規入会
時刻表
路線図
航空機のご紹介
運賃・払戻・変更
幼児・小児について
各種手数料
新規入会の流れ
パスワードを忘れた方
基本情報の変更
初めての方へ
予約の流れ
お支払について
航空機のご紹介
時刻表
路線図
運航状況
欠航・遅延
運賃・変更・取消
各種手数料
付帯サービス
幼児・小児について
ご予約の流れ
お支払方法
ご搭乗手続き
手荷物について
破損・未着について
空港ガイド・アクセス
お手伝いをご希望のお客様
機内環境について
領収書の発行について
お問い合せ窓口
FAQ
予約確認
保険の内容確認
新規入会の流れ
パスワードを忘れた方
基本情報の変更

手荷物について

Spring Japan (春秋航空日本株式会社)
千葉県成田市に本社を置く航空会社であり、日本国内線・成田発着国際線を運航しております。

春秋航空股份有限公司
中国上海に本社を置く航空会社であり、中国国内線及び国際線を運航しております。

中国国内線の手荷物ポリシー

航空券座席クラス分類

機内持込手荷物規則

機内持込手荷物サイズ

受託手荷物規則

PシリーズRシリーズ座席クラス並びX/U/Eクラス

7KG無料機内持込手荷物1個のみ

長さ:30cm  幅:20cm  高さ:40cm

無料受託手荷物無し

Y/S/H/V/K/L/M/N/Q/T/Wクラス座席

7KG無料機内持込手荷物1個のみ

長さ:30cm 幅:20cm  高さ:40cm

無料機内持込手荷物+無料受託手荷物合計15KG

スプリングプラスクラス

7KG無料機内持込手荷物1個のみ

長さ:30cm  幅:20cm  高さ:40cm

無料機内持込手荷物+無料受託手荷物合計25KG

注:ウルムチ出発路線について、無料機内持込手荷物が1個のみとなります。5KGまででサイズ*30*40cm以下になること

航空券座席クラス分類

機内持込手荷物規則

機内持込手荷物サイズ

受託手荷物規則

非スプリングプラスクラス

5KG無料機内持込手荷物1個

長さ:30cm  幅:20cm  高さ:40cm

無料機内持込手荷物+無料受託手荷物合計15KG

スプリングプラスクラス

5KG無料機内持込手荷物1個

長さ:30cm  幅:20cm  高さ:40cm

無料機内持込手荷物+無料受託手荷物合計25KG

注:佐賀出発路線において、無料機内持込手荷物+受託手荷物合計25KG 当該航空線についての手荷物規則の有効期間は2020年3月31日までです

機内持込手荷物

1、すべての乗客はセキュリティチェック済みの機内持込手荷物を携帯することができる。

2、遅延を避けるために、手荷物が規制のサイズ・重量(最大7KGで、ウルムチ出発線において最大5KGを携帯できる)を超えない上、いかなる輸送禁止品/機内持ち込み制限品がないことを確保すること。

3、春秋航空会社が機内持込手荷物に対する要求は下記のようになるので、前もってご確認ください。

国内線基準

機内持込手荷物7Kgまで

長さ30cm

幅  20㎝

高さ40㎝

国際線基準

機内持込手荷物5Kgまで

長さ30cm

幅  20㎝

高さ40㎝

詳細の紹介

重要な情報

1. 手荷物の事前追加購入は1回のみ可能です。無料受託手荷物許容量のないクラス(Pシリーズ、Rシリーズ、Eクラス、Uクラス、Xクラス、非スプリングプラス)の国内線では、事前に手荷物を1個のみ追加購入できます。

2.春秋航空の国内線チェックインでは、ご利用になるクラスの無料手荷物許容量を超える手荷物はすべて受託手荷物とみなし、超過手荷物として料金を別途徴収します。国内線の超過手荷物料金は、当該路線に対して公表された料金×1.5%(1kgあたり)となります。国内線の無料手荷物許容量のないクラス(Pシリーズ、Rシリーズ、Eクラス、Uクラス、Xクラ)を利用するお客様が事前にオンラインで受託手荷物を追加購入していない場合、「チェックイン時受託手荷物10kg以内1個割引購入」ポリシーがご利用いただけます。詳細は下記の表をご覧ください。

チェックイン時受託手荷物10kg以内1個割引購入
エコノミークラス航空券の公表料金(正規料金) チェックインカウンターでの割引料金
CNY0~600(CNY600未満) CNY20
CNY600~800(CNY800未満) CNY60
CNY800~1000(CNY1000未満) CNY80
CNY1000~1400(CNY1400未満) CNY100
CNY1400以上 CNY140

追記:

一.割引料金の適用範囲

1、 対象路線:春秋航空国内線

2、 対象となるお客様春秋航空で無料手荷物許容量のないクラスを利用し、事前にオンラインで受託手荷物を追加購入していないお客様

二、1つめの受託手荷物が10kgを超えた場合、公表された料金×1.5%(1kgあたり)がチェックイン時に徴収されます。

三、この割引キャンペーンの最終日は、春秋航空より別途発表いたします。事前にオンラインで受託手荷物を追加購入することをお勧めします。

3.春秋航空の国際線および地域線チェックインでは、ご利用になるクラスの無料手荷物許容量を超える手荷物はすべて受託手荷物とみなし、超過手荷物として料金を別途徴収します。国際線および地域線の超過手荷物料金は、当該路線のエコノミークラス直行便大人1名様分の公表料金(現地通貨建て)×1.5%(1kgあたり)とします。

4.スプリングプラスをご利用のお客様の無料手荷物許容量は、機内持込手荷物と受託手荷物の合計で25kgです。

追加情報:(全乗客に適用)

1. 機内持込手荷物の大きさは国内線とウルムチ出発便で20×30×40cm以下、重量は5kg以下とします。ウルムチ出発便を除く国際線は重要7kg以下とします。指定の大きさを上回る手荷物、または許容重量を超過した手荷物は、チェックイン時に受託手荷物として、料金を徴収します。

2. 海外および地域の空港から出発するフライトをご利用になるお客様は、2017年8月1日以降、以下の点にご注意ください。お客様を機内へスムーズにご案内するために、スタッフがお客様の手荷物の個数、重量、サイズを確認できるよう、出発の30~45分前には搭乗ゲートにお越しください。機内持込手荷物をお持ちのお客様が、搭乗ゲートで無料機内持込手荷物許容量を超えていることがわかった場合、搭乗ゲートにて現地通貨建ての現金で別途料金を徴収します。料金は以下のとおりです。

中国国外を出発する便の搭乗ゲートで支払う、許容量制限を超える機内持込手荷物の超過料金表(現地通貨建て)
通貨 搭乗ゲートで徴収する料金(20kgを超えない手荷物1個)
タイバーツ 3500
米ドル 100
香港ドル 800
韓国ウォン 120000
マカオパタカ 800
ニュー台湾ドル 3000
シンガポールドル 140
人民元 700
通貨 搭乗ゲートで徴収する料金(20kgを超え、32kg以内の手荷物1個)
タイバーツ 7000
米ドル 200
香港ドル 1600
韓国ウォン 240000
マカオパタカ 1600
ニュー台湾ドル 6000
シンガポールドル 280
人民元 1400
注:春秋航空の日本発のフライトでは、サイズ超過および重量超過の手荷物に対して、最も高額な大人片道エコノミークラス公示普通運賃の1.5%に相当する超過手荷物料金を搭乗ゲートにて現地通貨でお支払いいただきます。

3.追加手荷物の事前購入期間は、路線によって異なります。購入期間についての詳細は、以下をご覧ください。

追加手荷物の事前購入期間
国内路線 購入期間
全国内路線 出発予定時刻3時間前まで
国際路線 購入期間
中国大陸(杭州を除く)を出発する国際路線 出発予定時刻3時間前まで
杭州を出発する国際路線 出発予定時刻24時間前まで
バンコク、チェンマイ、旭川発中国大陸行き 出発予定時刻48時間前まで
クラビ、プーケット、スラートターニ、シェムリアップ、サバ、韓国出発、中国大陸行き 出発予定時刻72時間前まで
その他世界各地発、中国大陸行き 出発予定時刻24時間前まで
地域路線 購入期間
香港、台湾、マカオ発、中国大陸行き 出発予定時刻3時間前まで
中国大陸(杭州を除く)を出発する地域便 出発予定時刻3時間前まで
杭州を出発する地域便 出発予定時刻24時間前まで

4.手荷物のオンライン事前追加購入については、余った分に対して払い戻しをしません。事前追加購入した手荷物の許容量を越えた場合、超えた分の料金をお支払いいただきます。事前にオンラインで購入した追加手荷物をご利用いただかなかった場合、またはご利用のなかった手荷物許容量がある場合、払い戻しはありません。手荷物許容量を他の便に振り替えたり、再利用したりすることはできません。1回のみのご利用となります。

5. 事前追加購入した受託手荷物は、単独で払い戻しまたは変更はできません。適用する航空券と一緒にのみ払い戻し・変更となります(払い戻し、変更の際に手数料はかかりません)。

6.インボイス:事前またはチェックイン時に追加購入した受託手荷物は、旅程には記載されません。補償の申請にインボイスが必要な場合は、受託手荷物を追加購入した方が、その便のご利用後に春秋航空のウェブサイトにアクセスし、「予約管理」セクションの「電子インボイス」を印刷してください。または、チェックインカウンターから定額のインボイスを受け取ることもできます。チェックイン時に追加手荷物を購入したお客様は、チェックインカウンターでのみ定額のインボイスをお受け取りいただけます。

7.精密機器、電子機器等に関する規定精密機器や電気器具等は運輸貨物として託送しますが、旅客が受託手荷物として輸送するよう主張する場合、適切に包装しなければなりません。当該貨物の重量はオンラインで支払える手荷物料金の範囲に含まれますが、チェックイン時に支払われた場合は、受託手荷物の料金に基づいて徴収します。

オンライン購入は空港カウンターにてのご購入より断然お得今すぐ購入
  • Spring Japan コールセンター

    日本国内線・成田発着国際線 0570-666-118

    (日本国内通話専用)

  • 春秋航空股份有限公司 コールセンター

    国際線 0570-666-188(日本国内通話専用)

    国際線・中国国内線(+86 21)95524