三原神明市

毎年2月に開催され、備後路に春を告げる「三原神明市」は、例年30万人以上の人出で賑わう西日本有数の縁日です。会場には、500軒を超える露店が軒を連ね、植木市やダルマ市が沿道に並び、催し物もあり、ダルマ供養塔も設置されます。特に地元の三原だるまの特徴は、ハチマキを巻いた細長いフォルム。「願いが成るように」という意味を込め、中に鈴などの鳴り物が入っています。三原だるまは、とても人気で早い時間に売り切れてしまうこともあるそう。数が限られているのでお早めに!

神明大ダルマが祭りを見守ります

500を超える露店が並びます

露店にはダルマがたくさん!

期間 2019年2月8日(金)~10日(日)
時間 09:00~20:00 (イベントにより異なります)
場所 JR三原駅 北側一帯 (三原市東町、館町、本町)
アクセス 三原駅より徒歩
●広島空港からのアクセス  広島空港 → 三原駅前 → 駅西口(三原駅)
 ※おおまかなアクセスです。また検索条件によっては他のルートが表示される場合がございます。
公式サイト http://www.mhr-cci.or.jp/shinmei/

掲載のイベントは、2018年11月調査によるものです。詳しい内容や問い合わせ等に関しましては、イベント主催者様へお問い合わせ下さい。本ページで掲載されている交通機関の運行時刻や、飲食店・イベント等の営業時刻は予告なしに変更になる可能性がございます。実際にご利用される場合、改めて事前にご確認下さい。掲載された内容により生じたトラブルや損害等については、弊社では保証いたしかねますので、あらかじめご了承の上、ご利用下さい。