お知らせ
SPRING JAPAN就航6周年


SPRING JAPAN就航6周年

~これからも安全・安心を第一に、笑顔でお客さまのココロ躍る空の旅づくりを支援~

 

春秋航空日本株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:樫原 利幸、以下:SPRING JAPAN)は、本日8月1日に就航6周年を迎えました。昨年においては4月25日に成田=寧波線、12月12日に成田=上海浦東線を就航するなど、就航ネットワークを着実に広げており、これまで多くのお客さまのご支援をいただきながら、6年の節目の年を迎えることができました。

 

昨今の新型コロナウィルスによる感染拡大を受け、世界中の多くの地域で深刻な影響が出ており、SPRING JAPANといたしましては今年に入りまして航空便の大幅な減便や運休をせざるを得ない状況です。7月中旬以降は需要の回復傾向が拡大していることおよび夏休みの需要に応じて、国内線の一部の便の運航を再開いたしました。今後も感染状況および各国の出入国制限や検疫体制などを見極めながら、需要動向に応じて適切に対応してまいります。

 

SPRING JAPAN運航便の全面再開に向けて、より一層励んでまいります。そしてこれからも安全・安心を第一に、今まで以上にお客さまに笑顔とココロ躍る空の旅をお届けするために、社員一同努力を続けてまいります。

 

SPRING JAPAN就航6週年プレスリリースはこちら