酸素ボンベをご利用のお客さま

日本国内線

SPRING JAPAN

(便名IJ/日本)

ご予約時の確認事項

診断書・同意書

診断書・酸素ボンベ仕様確認フォーム・同意書のご提出が必要です。

  • 出発予定日の5日前までに「酸素ボンベ仕様確認フォーム」と「同意書」を書類送信フォームにてご連絡ください。

  • 診断書の必要事項は以下の通りです。診断書をお持ちでない場合、または必要事項を満たしていない場合はご搭乗いただけません。

    1. かかりつけ医からの診断を通し、航空機旅行が可能な旨の記載がある事。

    2. 出発日から起算して7日以内に発行された診断書である事。

    3. 往復利用の場合は診断書内の復路便欄の適否にチェックと、弊社復路便の搭乗日をご記入ください。

  • SPRING JAPAN専用書式フォーマットをダウンロードし、ご記入ください。

    1. 当社指定「診断書フォーム」のダウンロードはこちら

    2. 「酸素ボンベ仕様確認フォーム」のダウンロードはこちら

    3. 「同意書」のダウンロードはこちら

酸素ボンベ

酸素ボンベは以下の条件に満たされなければなりません。

  • 医療用ガス・酸素(気体)であること(液状は不可)。

  • 日本の高圧ガス保安法により容器耐用証明済みであること。

  • 3年(一部5年)耐用検査証明を受けていること。

  • 機内へのお持ち込みは、高さ70cm・直径10cm程度、1本あたりの総重量5kg以下のもの。

注意事項

酸素ボンベを機内でご使用になる場合、当社では座席下に収納できるスペースがないため、別途酸素ボンベ固定用の座席をご購入いただく必要がございます。十分な長さのあるチューブをお持ちください。

酸素ボンベを機内でご使用の際は、ご本人様が操作を熟知しているか、熟知されているお客さまのお付き添いが必要となります。

キャリー付きの酸素ボンベの場合は外していただくことがございます。

出発当日の流れ

  • 空港へは余裕をもって(出発90分前を目安に)お早めにお越しください。

  • 搭乗手続き時、酸素ボンベの番号、有効期限(容器再検査期限)、メーカー名、製品名、サイズなどを確認させていただきます。

  • 搭乗手続き時、診断書・同意書のご提出をお願いします。

  • ご搭乗時は優先して機内へご案内します。搭乗開始時刻までに搭乗口へお越しください。

Copyright ©1998-2022 All Rights Reserved. CH.com